リスティング広告は検索連動型のテキスト広告

リスティング広告の強みは、ターゲットとする層に対して直接的に働きかけることができる事です。リスティング広告は別名検索連動型広告と呼ばれるように、検索エンジンの検索と連動しているテキスト広告です。つまり、検索をしたキーワードと関連するテキスト広告が自動的に表示される仕組みになっています。キーワードを検索したということは、そのテキスト広告を見ている人は、多少なりともその広告に関することに興味を持っているそうだということになります。そのため、直接的に働きかけることが可能となります。通常の広告は、不特定多数の人が見るところに出されていて、それに興味を持ってくれた人に見てもらったり、興味がない人にも覚えてもらったりすることも目的としていて、必ずしも直接の成果を期待するものではりませんが、リスティング広告はすでに興味のある層に訴えかけて、直接の成果を期待します。

リスティング広告は、広告がテキストで表示されています。その文字数は少ないので、そこで見てもらいやすいような文章を短くても考える必要があります。上位に表示されれば見てもらいやすくなりますが、結局見てもらえるかどうかは、文章の質も影響してくるからです。上位に表示されるかどうかは、リスティング広告の入札価格に影響します。リスティング広告を出稿するためにはキーワードに対して入札を行います。このときの入札価格は、広告がクリックされたときの単価です。高い単価に設定した場合の方が、より上位に表示されやすくなります。上位に表示されるかどうかは品質も影響しますが、大きく左右するのが単価です。通常のwebサイトの場合は、上位に表示されたければSEO対策をしなくてはならず、対策をするのが大変ですが、リスティング広告の場合は入札価格である程度コントロールすることができます。SEOを気にせず上位に表示させられるのが強みです。

リスティング広告は、ランディングページと組み合わせて用いられます。ランディングページは、直接商品やサービスを売るのが目的です。そこでは、取り入れればどういった良いことが起こるのかなどが解説されています。縦に長い1枚のページでリンクは挿入せず、文字やフォントも大きく派手な物が多用されたり、カラフルなページ構成であったりするのが特徴です。リンクを貼ると、クリックされないとみてもらうことができず、クリックしない人たちを取り逃してしまうために、リンクは貼りません。一連の流れでターゲットが直接購入してくれるように、最初に目立つ掴みの文章を入れて、あとは解説をしたりデータを表示させるなどして信用してもらえるようにして、最後に申し込みや購入ができるフォームを掲載するのが一般的です。

化粧品のHPとセールスコピーを作っていきたい、という場合、選択肢は二つです。自分で制作して運用するか、制作をしてもらって運用するかです。制作をしてもらうメリットは、コンバージョンを最大化させることのできるランディングページを作ってもらうことができる事です。これは、制作会社はノウハウを持っているから可能です。ノウハウは、実際に制作をして、その反響を確かめて再度反映させるという作業を繰り返すことで得られます。個人で得られる情報量はたかが知れていますが、制作会社はそれを専業としているので、データの分析をする能力は高いです。そのため、実績のある会社であれば、コンバージョンを高めることのできるノウハウを持っており、それを生かしてもらえばすぐに効果のあるサイトを用意してもらうことができます。もちろん、1度ではすぐに完ぺきなサイトを作るのは難しいですから、きちんと結果を踏まえて修正をする必要があります。制作代行会社は、この修正も数回分は無料となっていることが多いですから、せっかく作ってもらえても効果がない、という事態を避けることができます。

運用を代行してもらえるサービスも提供している会社があります。運用をするのはコストがかかるイメージですが、初期コストは抑えられます。こういったサービスは、実際の利益の何割かを払う仕組みになっているからです。つまり、売れた分からしか支出がないため、無駄な出費にはなりません。何より、運用するためのノウハウを生かしてもらえるので、自分の方でスキルを身に付ける必要はありませんし、管理をするための人的、時間的コストもかからなくなります。確かに、利益が減少することいなりますが、自分がやっていれば任せた場合の利益を得られたかどうかを考えると、プロに任せた方が利益は大きくなると考えられます。したがって、自信がない場合はプロに任せて運用をしてもらうことをおすすめします。色々な会社が制作代行、運用代行を行っていますが、それぞれの会社がホームページでサービスの内容などを紹介していますので、それらを見比べて利用先を検討するようにしましょう。