ネットカジノのライセンス取得要件は厳しい

ネットカジノを運営するためには、政府からのライセンスを発行されなくてはなりません。当然ですが、その前提としてネットカジノの運営がその国で合法であることが必要です。日本では公営ギャンブル以外は賭博が禁止されているため、このライセンスの発行はなされていません。ネットカジノのライセンスの発行を受けるのは、合法国でも厳しいチェックが入ります。大きなお金が動くので経営体制の健全性も見る必要がありますし、反社会勢力に対してお金が流れることも防止しなければならないからです。

また、プログラム自体に不正があっては公平にプレイすることができませんので、利用するゲームのプログラムも問題がないかがチェックされます。プログラムのチェックは第三者機関による認証にて行われます。一度ライセンスの供与を受けたとしても、後に条件を満たさなくなればはく奪されますので、現状それをもって運営しているなら安全にプレイできる指標となります。ネットカジノにゲーム用のプログラムを提供している会社は世界中にたくさんありますが、信頼できるところとなるといくつかに限られてきます。多くのネットカジノに採用されてきた実績のある会社の提供するものは安全と判断することが可能です。

例えば、プレイテック社やマイクロゲーミング者といった会社が有名で、老舗のネットカジノでもこれらのプログラムが利用されています。日本では違法な存在であるネットカジノですが、海外ではエンターテイメントの一つとして認識されている国もあります。そういったところでは、運営会社がスポーツのスポンサーになることもあるほどです。日本ではカジノ解禁の動きがありそうですが、現状では違法です。