特許を利用してリスティング広告を効果的に

リスティング広告は文章だけで広告宣伝を行うため、文章表現やテキストの配置などを上手に行うことが非常に重要です。また文章に個性を持たせることでインパクトの強い広告ができるため、その表現方法に広告を制作する場合の労力を費やすことが重要になるものです。しかし、最近ではリスティング広告を掲載する際にすでに広告に掲載されている表現の一部を盗用したり、あたかも自らの創作した文章であるかのように広告の内容として掲載されてしまうケースも少なくありません。

この場合には広告を見た利用者が自社のものと勘違いして商品を購入してしまったり、あるいは様々なトラブルに巻き込まれてしまう恐れがあるほか、悪質な場合には詐欺などの問題となる危険性もあるためこのような行為を未然に防ぐことがリスティング広告を行う上で非常に重要な要素となります。

リスティング広告からこのようなトラブルを排除するために非常に有効な手段として特許があります。広告に掲載する文章や商品名を特許として取得しておくことで、これらの文章や商品名を無断で利用された場合にその権利を主張し相手方の利用を排除することができるほか、検索エンジンによってはあらかじめ特許が取得されている文章や商品名について他社からの掲載があった場合にこの広告自体を掲載しない旨申し入れることができるところもあるため、特許取得しておくことが非常に重要な防衛手段となるのです。

リスティング広告を効果的に利用するためには。できるだけ相手にイメージしやすい簡潔な文章や商品の特性をイメージ付ける商品名を利用することが重要です。そのため、特に商品をイメージしやすい表現の中には、他社の商品において既に特許として取得されているものも少なくありません。この場合には商品のイメージを著しく損なってしまうばかりでなく、法的な様々な問題が発生する可能性があるため、十分に注意をすることが必要です。そのため、リスティング広告においてはその文章や表現について十分な確認を行うとともに、掲載を行う前に様々な有識者の意見も確認しておくことが大切です。

このような対策はリスティング広告だけではなく一般的なHPとライティング代行においても十分に注意を払わなければいけない要素となるものです。特に検索キーワードに関連付けて広告を行うリスティング広告においては、検索キーワードの中に特許に登録されている単語が含まれている場合、この単語を広告やサイトで利用すると権利の侵害となる恐れがあるので、その点についても十分に注意を払いながら文章や内容を十分に検討することが必要です。