リスティング広告の効果が現れない悩みの原因

リスティング広告の掲載を始めてみたが期待していたほどの効果が現れないといった悩みを持っている広告主は決して少なくありません。その悩みの原因として挙げられるのが、試みていることの効果についてちゃんと検証することができていないことが、とても多いです。

リスティング広告のアカウントの運用を専門的に行っているウェブ広告代理店では、徹底して仮説を立てて、その仮説に対する施策を行い、施策を行った結果を分析して、更に改善を行っていくというPDCAサイクルを循環させています。リスティング広告において最も重要になってくるのは予算配分などの運用になります。どのキーワードに対して、どれくらいの予算を配分するかによって、同様のキーワードを使っていても異なる結果になることがあります。広告主がキーワードや、リンク先の広告を具体的に指定することは、あまり効率の良い方法であるとは言えません。

広告主が指定したキーワードで顧客を獲得できていない状況で高額な入札額を設けてランディングページに導こうとしても、無駄な広告費を浪費しているだけになってしまいます。どのようなキーワードを入札することで対象となる商品やサービスの売上に繋がっているのかを充分に理解して、売上に繋がっているキーワードを詳しく分析して、より一層安い入札額で売上に繋がるキーワードを設定するといった細かい調整が必要になります。広告主が指定したキーワードを入札額を気にしないで設定しているだけでは、リスティング広告の効果を得られないという悩みを解決できないことになります。

リスティング広告のセールスコピーのABテストを行っている人は少なくありませんが、時間や手間をかけられないために継続して行えていない会社は意外と多いというのが実情となります。重要なのは、ABテストを1度だけで済ませるのではなく、定期的に継続して行うことになります。ABテストを定期的に行うことによってクリックされる確率を向上していきます。

検索結果に表示される回数が同じでも、クリックされる機会が増やせ、売り上げに繋げることができるようになるのに加えて、品質スコアが改善されることによってクリック単価が下がることがあるため、同じ広告費でも、高い売り上げ向上の効果を得ることができるようになります。そして、幾つかのランディングページを同時に用意しておき、売り上げに繋がりやすいランディングページの方を残しておくことによって、ランディングページにアクセスされる回数が同じでも売り上げに繋げやすくなります。