リスティング広告は入札をして利用する

リスティング広告は、検索エンジンでキーワードを検索した際に表示される広告です。誰しもが見たことがあるでしょう。これは、検索したキーワードと関連する広告が表示されますから、直接の売り上げを期待するために作られるリスティング広告と組み合わせられて活用されます。リスティング広告は、特定の商品やサービスを売るために作られているサイトで、縦に長い1枚のページになっているのが特徴です。1枚で情報を伝えきり、ダイレクトなアクションを期待するので、情報量が多いとも考えられがちですが、閲覧を期待しているのがすでに興味がある層なので、実際はそこまで細かい情報が書かれているわけではありません。

それよりも、目を引いて購入や問い合わせにつなげるための工夫がなされています。リンクをサイト内に貼らないことも多いです。それは、クリックをしない人が多いので、その先に情報をちりばめてしまうと効果を期待できないからです。もちろん、商品やサービスによっては解説が必要なケースもありますから、必ずないというわけではなく、リンクが張られているサイトもあります。

リスティング広告は、入札をして利用をします。最初に入札額を決定しますが、最低入札額が決まっているので、それ以上を設定します。金額の多寡は、ページの表示順位に影響します。もちろん、入札額が高い方が上位に表示されやすくなりますが、それだけで上位表示が約束されるわけではなく、ページの品質も影響してきます。つまり、入札額が高く、ページの品質が高い場合に、最も上位に表示されやすくなるわけです。

健康食品のHPと製作事例を見てみれば、どのようなランディングページが作られているのかを見ることができます。特に、リスティング広告の上位に表示されている場合は、そのサイト自体がそれなりに品質が高いということになりますから、参考にすることでノウハウを吸収することができるでしょう。実際に検索エンジンでキーワードを検索して、参考にすることがおすすめです。

閲覧するだけでは費用は掛かりませんし、それでノウハウを吸収することができるのであれば、メリットは大きいです。また、比較をすることも重要でしょう。上位に表示されているものと、買いに表示されているものを比べれば、どういった点が違うのか、それが表示する順位に影響を与えているのか、といったことを分析することができますから、ランディングページ作りの参考にすることができます。