リスティング広告入稿時は入稿規定に注意が必要です

オンラインで広告を配信することは、とても簡単です。オンライン広告は、パソコンがあれば自分で手続きが完了し、自社製品の宣伝をするのであれば、打ち合わせも必要ありません。オンライン広告は、あらかじめフォーマットがある程度定められていることが多いので、審査に通らないことは少ないです。また、詳しい設定については、広告の配信もとによって作られた、ガイドラインを参照できます。ガイドラインを読むことで、審査に落ちる確率は、いっそう少なくなります。これは、リスティング広告にも当てはまることであり、ガイドラインを読むことで、入稿規定は理解できます。仮に、入稿規定から外れていると、広告としては認められません。オンラインでは、リスティング広告の入稿規定をまとめたウェブサイトもあり、とても参考になります。

リスティング広告を配信している会社の代表格は、グーグルとヤフーです。どちらの配信元を選ぶかによって、入稿規定は変化します。まず、グーグルでリスティング広告を配信する場合、タイトル文字数は全角で30文字以下か、半角で60文字以下までになります。また、説明文に関しては、全角で40文字以下、半角で80文字以下までになります。ヤフーに関しては、リスティング広告を配信するときには、スポンサードサーチに登録することが一般的です。スポンサードサーチでは、グーグルと違い、広告名の設定ができます。しかしながら、グーグルとは違い、半角文字を使用することができません。また、各配信元によって、広告配信中の設定の可否や、使用可能な記号の種類やURLの文字数なども変わります。リスティング広告を出す際には、各配信もとの入稿規定を、綿密に確認することが必要です。

リスティング広告の入稿規定が理解でき、審査が完了すると、広告開始が始まります。ターゲットを絞り、販売予定のユーザー層に向けて広告を配信することで、商品の販売量は大きく上昇します。しかし、広告は、集客には使えますが、実際に商品を売るのは、ランディングページです。広告が配信された層と、ランディングページで設定しているターゲット層がずれていると、ユーザーに違和感を覚えられてしまいます。リスティング広告で成功するためには、結果が出るホームページと作成事例の研究が、とても重要です。特に、ランディングページで成功しているところでは、広告との組み合わせを、最適なものにしています。結果が出るランディングページを用意することは、とても大切です。しかし、それ以上に、ランディングページと広告の、適切な組み合わせを研究することが、オンラインでは必要とされます。