リスティング広告を利用するならトレンドを意識する

一昔前であれば、広告と言えば新聞に載せる広告や雑誌に載せる広告が一般的でした。ところが最近は、インターネットが普及していますので、インターネット上に載せる広告が増えています。インターネットの世界は、流れが非常にはやく、広告もずいぶん進化するようになりました。最近人気がある広告はリスティング広告です。従来のインターネットの広告は、とにかくページを開けば、何らかの広告が出ており、検索した内容と全く関係のない広告が多かったです。例えば、プロ野球のことを調べようとプロ野球に詳しいホームページを開いたらそこにはダイエットの広告が出てくることがありました。今でもそのような広告はありますが、ほとんど関連性がないためわざわざそれをクリックする人は少ないです。

しかし最近は、リスティング広告と言って、検索したキーワードと一致する広告が出るようになっています。例えば、ダイエットで検索をしたところ、ダイエットドリンクの広告が出てきたり、ダイエットのエステの広告が出てくるようなことがあります。このように、リスティング広告は、検索した単語と広告の内容が一致する可能性が高いため、広告のクリック率も増えていきます。当然クリック率が増えれば売り上げにつながるでしょう。ただし、どのような広告を出すかが重要になります。全く見向きもされないような広告を出したとしても、誰もクリックしてくれません。

例えば、6月ごろ雛人形の販売の広告を出したとしても、全く季節にあっていないためクリックしてくれる可能性は低いです。ですが、6月であれば水着の宣伝をすればクリックされる可能性が高くなります。その時の勢いのあるキーワードをトレンドキーワードといいますが、トレンドキーワードを上手に見つけ出すことで、クリック率を高めることができるようになります。トレンドは、季節感のあるものであれば特に調べなくても問題ないでしょう。ところが、季節とは関係なく突然流行するものなどはしっかりと下調べしておく必要があります。よく、テレビ番組で宣伝した化粧品が爆発的に売れることがありますが、そういった突発的なトレンドを押さえておくには、定期的に情報を入手するようにしましょう。

もちろん、全て自分で行わなくてもそれを代行してくれる業者もあります。化粧品のHPの代行を行ってくれる業者がありますので、一度相談してみると良いでしょう。具体的な提案をしてくれるでしょう。